MENU

ムダ毛の存在と意味について調べてみました!

私たちの気がかりと達するムダ毛。
とくに薄着になるタイミングが近づくにつれて、「ムダ毛の立場って?」と覚えることもしばしばあります。
私たちの想うムダ毛とは、髪の毛や鼻毛など明確な構造を抱える毛以外の、
あんまり意味が乏しいのと思われている毛のことを指し示す。

 

そもそもムダ毛自体は必要なタイプなのでしょうか?

 

ムダ毛の構造って何?

 

構造がつながる毛としては、次のようなものがあります。
例えば、髪の毛は「UVや外の損傷から意識を積み重ねる」、睫毛や眉毛は「汗などからまぶたを積み重ねる」、
鼻毛は「ゴミや異物の鼻からの潜入を防ぐ」といった構造です。
奴の毛は毎日0.2ミリほど上がる結果、ムダ毛製作帰路もただちに現れてきます。

 

剰余良く思われないムダ毛ですが、ムダ毛には何にも構造を欠けるのかというとそんなことはありません。
人間の体毛には様々な構造があります。

 

 

ムダ毛に潜む構造

 

それでは、本当に如何なる構造があるのでしょうか?
細く見ていきましょう。

 

体温存続構造

 

予め、体毛の一番の構造は内部の気温を一定に保つことでした。
しかし、この最も重要な構造は、今となっては衣服やエアコンなどの拡大によってタダとなってきています。

 

収納構造

 

体毛は、物理的な接触から素肌を積み重ねる構造をしています。
意識やペニスなど大事な場所には、体毛が密集やるのはこのためです。
例えば、側は素肌のスレが生じやすいフィールドですが、それを腋毛によって守っていらっしゃる。
この構造も、インナーや衣服によって取って代わられて生じる。

 

触覚構造

 

頭に直触れられてないのに髪に触られると、「触られた」という見抜くのは、毛の触覚構造です。
毛に与えられた振動は、毛根の細胞に接触始める逆鱗を通じて脳に攻撃として伝わります。

 

また、やつは欠ける構造ですが、猫のひげは余分確信能力があると言われています。
ひげによってもののがたいを読み取ったり、獲物との隔たりを測ったりしているのです。

 

デトックス構造

 

私たちは、腸内に貯まる悪玉菌を始め、現代ならではの食品添加物や水銀・ヒ素などの
有害メタルといった毒物と共に生活してある。
体内の毒物の70%ほどは便によって排泄されますが、それでもその人の暮しや刺激によって
賢く排泄が行われないことがあります。

 

そんなときに残る毒物は、毛によって排泄されます。
体毛は自然にしていても抜け落ちますが、この抜毛の時折、少なからず毒物がぶち秘められていらっしゃる。
報せなどで話題に上る薬物のヘア医療は、そういった髪の毛の中に押し込められた毒物(薬物)が、
反応することを利用して残る。

 

気に至るムダ毛のところ

 

このように、今は毛嫌いされて掛かるムダ毛も、元では糸口と当たる構造を持っていたということがわかりました。
でもいよいよ、今ではその構造も選択が利くようになり、ムダ毛はムダ毛として扱われることとなりました。

 

立場価値が弱いだけならまだしも、ムダ毛の立場は女性にとって旦那からの思い込みを問題に切り詰めることに繋がります。
ムダ毛製作は既に前提と当たるこの時代、どこがムダ毛に達するのでしょうか。

 

旦那か女性かでムダ毛の定石は異なりますが、殊に女性が処理するゾーンとしては、
「側」「二の腕」「脚」「アンダーヘアー(VIO)」「心」「胃腸」「背中」「顔(口周りなど)」があります。

 

旦那も美貌に積極的なこの時代では、レーザー脱毛や除毛クリーム、脱色、剃刀などでムダ毛製作を講じる。
現代を生きる女性も、ムダ毛製作を怠ること無く美しさを追求していきたいですね。