MENU

S.S.C.脱毛のしくみと効果について調査しています!

S.S.C.脱毛のしくみ

 

エステサロンの脱毛=光(フラッシュ・IPL)脱毛と思っている方も多いと思いますが、
近頃、こういうS.S.C.脱毛を導入やるエステサロンも数多く、新しい脱毛法として注目を集めています。

 

そもそもこのS.S.C.脱毛とは、光脱毛とは全く異なる脱毛法で、
簡単に言ってしまえば、制髪の毛ジェルを光によって皮膚に浸透させる結果、制髪の毛効果を加える作戦です。

 

そのため、脱毛を行う際はジェルの塗布+光が大事となります。

 

植物由来の制髪の毛ジェルが効く

 

S.S.C.脱毛は元々脱毛器の老舗クレアトゥールだ
イタリアのDEKA社が日本向けに開発したものだ。

 

ビーンズジェルと呼ばれる制髪の毛ジェルの中には、フィリニーブという制髪の毛効果が期待行える
植物由来の成分が配合されているトレジャービーンズが塞がり、このトレジャービーンズが
クリプトン輝きをあてることにより弾け、フィリニーブが溶け出して出向くというカラクリです。

 

大きな活力を与えないのでヤケドのリスクもダウン

 

トレジャービーンズに働きかける程度の光と至るクリプトン輝きは、髪の毛乳頭には直接的なソフト結果、
基本的にはヤケドの懸念はありません。

 

そのため、従来の光脱毛器で照射始める光脱毛よりも安全性が良いと言われています。

 

 

オフヘア(制髪の毛)を提供やる

 

そこで気にのぼる脱毛の効果ですが、こういうS.S.C.脱毛はあくまでも
オフヘア(制髪の毛)を提供しているとされています。

 

制髪の毛とは、その名の通り、髪の毛の制作を治めるグッズなので
髪の毛を無くすことを意味講じる脱毛や永久脱毛とは意味が異なります。

 

待ち望むのは「永久脱毛」? それとも「一時的な減髪の毛」?

 

大豆成分が数多く止まるフィリニーブに制髪の毛効果OK

 

ここで注目狙うのが、フィリニーブにはどんな成分が含まれているのかという点。
成分を細く見てみると大豆、セイヨウシロヤナギ、尿素、サリチル酸などで構成されていますが、
制髪の毛にまつわる成分は大豆です。

 

大豆が抱えるイソフラボンは、女性ホルモンとさし迫る働きを始める結果、
抑髪の毛ローションなどにも一心に使用されているのを見かけると思います。

 

その他のセイヨウシロヤナギは炎症の軽減、尿素は保湿、サリチル酸は防腐・滅菌の効果があり、
肌を貫き通しながら、制髪の毛できるようなつくりとなっています。

 

S.S.C.脱毛のなかで『痛かった!』『○年前に脱毛完了したけど今でも生えてこない!』
といった口コミも見るかもしれません。

 

しかし、その場合は制髪の毛成分が効いているのではなく、
光の技能で髪の毛乳頭に何らかの刺激を与えている

 

制髪の毛ジェルには痛みをあげるアビリティーも、髪の毛を生えなく設けるアビリティーもありません。
(仮に毛が使い切る効果が見られた場合は掟に違反行う。)
しかし、光の技能は髪の毛の黒い部分にきつく反応してしまう可能性が起こる結果、
痛みや脱毛効果が得る場合があります。

 

 

S.S.C.脱毛は制髪の毛効果あり

 

S.S.C.脱毛は規則正しく言ってしまえば脱毛ではありませんが、制髪の毛効果の居座る成分を
摂るジェルを浸透させているため、制髪の毛・抑髪の毛効果は期待できるといえます。